--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.15

パパイン・ブロメリン・アクチニジン

管理栄養士取得のための試験勉強をしているとき、唱えるように覚えた呪文を思い出しました。



別に呪文でも何でもなくて、酵素の名前なんです。



なんで思い出したかというと・・・




これ!

pain.jpg

パイナップル!!




もちろん我が家の写真ではありませんよ。

厨房内で山盛りのパイナップルを見つけたので記念撮影☆




調理師さんが言いました。

「パイナップル食べると口の中痺れません!?缶詰は大丈夫だから食べるけど、生はめったにたべませんよね~」




私は生のパイナップル好きだけどな。もりもり食べるけどな。




そこで思い出したあの呪文。。。

パイナップルに含まれている酵素は!!!





パパイン!!!!





ぶー×××





ブロメリンでした~◎


パパインはパパイヤに含まれる酵素です。よく間違えてました(笑)
ちなみにアクチニジンはキウイ。



その酵素っていうのが、蛋白質分解酵素って呼ばれているわけで、

そうそう、その名のごとく蛋白質を分解するわけだ。

生のパイナップルでゼリーを作ろうとすると、ゼラチンが固まらないわけだ。

肉をやわらかくしたりするわけだ。



つまり酢豚にパイナップルっていうのは意味のある組み合わせというわけですね~。



でも個人的には給食で酢豚に入るパイナップルが許せない小学生でしたけどね(^^)



生のパイナップルで口の中が痺れるということは、この酵素のせいなんじゃないか!という話になっています。缶詰になると、熱が加わってこの酵素が働かなくなるので、缶詰のパイナップルでっは大丈夫◎だから缶詰のパイナップルだったらゼリーも固まります。



よく熟したパイナップルにはもっとこの酵素が多いです。あ、ちょっと熟しすぎたかな・・・。と思うとたいていシュワッとするよね。。。



ちなみに今回のパイナップルは大丈夫なようでした◎
ちなみにちなみに、パイナップルがデザートのこの日の主役のおかずは酢豚でした!!!




「なんで酢豚に入れなかったの??」って職場の方に聞かれましたが



「だって嫌だもん」って答えました(笑)



肉と一緒に食べると消化がよくなっていいっていう効果もあるしね☆






*ちなみに・・・果物の酵素で口の中が荒れたり発疹が出たりするアレルギーの人もいますので、パイナップル食べてぴりぴり!はブロメリンのせいとは限らないので、アレルギー体質の方は気をつけてくださいね。(パイナップルはこのアレルギーが出やすい食品とはうたわれていないですが・・・)。






にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています☆
ぜひ、ぽちっと一押しお願いいたします(^^)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://yamadama.blog73.fc2.com/tb.php/299-ecc84bb1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。